2009年10月23日

いつまでも苦労している人(斎藤一人)

「苦労してばかりいるとしたら、それは神様があなたに『やり方が間違っているんだよ』と教えてくれているのです」変な人の書いた成功法則(齋藤一人 著)

この言葉のあと、一人さんはとっても分かりやすいたとえで説明してくださってます。

たとえば、学校の算数の問題で「1+1=3」と書けば先生はその答えにバツをつけます。この時点で間違いに気づいて「1+1=2」と訂正すればいいのです。

でも先生からバツをもらっても気づかない場合、先生はそれを気づかせるために

「君、そこで立ってなさい」
と命じます。

そでもまだ「1+1=3」と書けば
「君、今度はバケツを持って、廊下に立ってなさい」
ということになります。

あなたの苦労が続いているのは、それと同じことなのです。

以上、変な人の書いた成功法則(齋藤一人 著) より引用


とってもおもしろいたとえだし、とっても分かりやすいですよね。
僕もこの話で腑に落ちました。

あなたもきっと僕と同じじゃないですか?

うまくいかなかったら、神様が
「それ、答えじゃないよ」
と教えてくださってるんですね。

まずそのことに気づくこと。

そしてあとは、正解がでるまで、ただ淡々とやり続けるだけですよね。
それだけでうまくいく。

なんだ、こんなに簡単なことだったんですね^^


変な人の書いた成功法則―四年連続トップ納税者が語る





東京羽田発→関西空港着が「22600円→12100円」でした(笑)旅行するのなら、普通にチケット購入するより絶対に安いですよ。ツアーも激安ですw
posted by 39 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 斎藤一人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131005790

この記事へのトラックバック

【無料音声】斎藤一人/1人で2人分働く
Excerpt: 斎藤ひとりの100回聞きシリーズ ■なぜ、人には夢が必要なのか? 本当に幸せな人は夢がない。夢を語っている人は不幸な人が多い。 夢は今から逃れたいのかもしれない。 ■彼氏が欲しい。車が欲しい。ハンドバ..
Weblog: セミナー動画&講義動画まとめ【無料ノウハウプレゼント】
Tracked: 2014-02-05 14:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。