2009年10月28日

知恵を出す(斎藤一人)

人はアイデアを思いつくと、自分の手柄にするものですが、実は自分の手柄ではないのです。

たとえば、温泉のない町があるとします。予算がついて、温泉を掘っていたら、温泉が出てきました。本当は昔から温泉はあったのです。ないものは出てきませんから。

知恵もそれと同じです。

あなたにある知恵が浮かんだとしたら、その知恵はもともとあなたの中にあったのです。すでにあったものが、出てきただけ。地面を掘って、温泉が出やすい状態にしたら、温泉が出ただけのことです。

もともと、誰にでも知恵はあるのです。


変な人の書いた成功法則―四年連続トップ納税者が語る
 斎藤一人 著より


一人さんは何を言いたいのかというと、つまりは、人には誰にでも知恵はあるんだよ、ということだと思います。

あと大事なのはアイデアが出やすい状態にしてあげるということです。

本を読む。
テレビを見る。
うまくいっているお店を見に行く。
考える。
人と話をする。

などなど。


私は医学にたずさわってますが、神経学的に話をすれば、神経は成長します。

つまりアイデアは出そうとすればするほど、アイデアを出すための神経は成長するのです。

使えば使うほど能力がアップする。それが人間です。

<それでは今日のほっタマ>

あなたには知恵がある。
知恵は出せば出すほど出てくる。
しかも無限にね。

知恵を出して、いきましょう。

こんなブログの片隅にあるランキングをクリックしてくれるあなたは優しい人です(笑)
→→→人気ブログランキング.gif




変な人の書いた成功法則―四年連続トップ納税者が語る





東京羽田発→関西空港着が「22600円→12100円」でした(笑)旅行するのなら、普通にチケット購入するより絶対に安いですよ。ツアーも激安ですw
posted by 39 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。